飲み方だけではなくお酒の種類についても知ろう

飲み屋に入るだけでも、たくさんの種類があります。それぞれに魅力を持っていますが、どんな種類のお酒まで把握して飲んでいる人は少ないでしょう。そのようなお酒の飲み方をすることによって、失敗も少なくなり楽しみながら飲むことができるようになります。

お酒大きくわけて3つにすることができる

お酒を造る製法によって種類をわけることができます。それは3つにわけることができ、醸造酒、蒸留酒、混成酒です。醸造酒は日本酒・ビール・ワインが有名です。日本酒のなかでも銘柄や本醸造酒などがあり、ランクもさまざまです。蒸留酒は焼酎・ウィスキー・ブランデー・ウォッカ・ラム・ジンになり、混成酒は醸造酒や蒸留酒に糖や香料を付けることからリキュールなどが有名です。

このように3つにわけることができることを知っておきましょう。自分が好きなお酒はどの種類に該当するのかを知ることは、実はお酒の飲み方として大きな意味を持つことになります。酒は百薬の長と言われますが、飲み過ぎには注意が必要で、それによって人間関係までも壊れてしまうことも。だからこそ知ることが大切です。

醸造酒と蒸留酒の違いを知っておこう

基本としてあるのが、糖に酵母を加えることによって発酵をし、アルコールが出来上がります。日本酒やビールはデンプンから糖へ変換をして、そこから酵母を加えるという一手間が掛かりますが、糖質が含まれていることを忘れてはいけません。よってお酒は太りやすい飲み物でもあります。

ただし蒸留酒は、醸造酒に一度加熱をし、その蒸気を冷やして作る手法になることから、ほとんどがアルコールを占めています。醸造酒に比べると、糖質が少ないのが蒸留酒です。蒸留酒はアルコール度数が高いことから敬遠されることもありますが、実は肝臓も分解をしやすいことから、覚めやすく二日酔いをしにくい特徴も持っています。このような違いもあることを知っておきましょう。

その違いによってお酒の飲み方が変わる

どちらに糖が含まれやすいのかがわかったことによって、さまざまな事情によって糖質制限をしている方や、ダイエットをしている方はどんなお酒を選べば良いのかがわかってきたでしょう。それはずばり蒸留酒になりますが、焼酎で割るチューハイは香料や糖質を加えており飲みやすくなっています。ただし本来の太りにくいお酒としては不適合になりますので、その点は勘違いしないようにしましょう。

またお酒で失敗をする人もいます。そのような方は、覚めやすい蒸留酒を飲むと、大きな失敗も少なくなるでしょう。アルコール度数ばかりに着目をするのではなく、肝臓の働きに優しいお酒を求めることによって、失敗の可能性も随分と低くすることができるでしょう。お酒の種類を知ることによって、お酒の飲み方も変わってきます。