強くなるお酒の飲み方

どうすればお酒の飲み方が強くなるのか?模索している人もいるはずです。スポーツのように数をこなすことで強くなるように感じている人も多いですが、コツを掴むことによってお酒に強くなる、もしくは強くなっているように見せかけることができます。

強くなるためには体を慣れさせる

お酒を飲む機会を増やすことを多くの人が強くなるための秘訣と考えていますが、あながちそれも間違ってはいません。飲む機会を増やすことによって、強くなれることもあります。飲むことを習慣化することによって、お酒に慣れていく体を作ることができます。

ただしひとつだけ気を付けておかないといけないことがあります。それはアルコール中毒になることです。中毒になってしまうと、アルコールなしでは生活を送ることができなくなるほどつらい症状になってしまいます。強くなりたいからといって、アルコール度数が強いお酒を飲むのではなく、比較的優しいビールや焼酎割りなどで体を慣らしていくことをおすすめします。肝臓を休めることも考えて、毎日飲むのは避けてください。

お酒の飲み方として種類に関心を持つ

強くなるのではなく強いと見せ掛けることも、お酒の飲み方として必要な要素です。たくさんのお酒がありますので、その種類を絞ることによって、お酒が強いと見せ掛けることが可能です。多くの方はアルコール度数ばかりを注目しています。アルコール度数が高いお酒を飲む人がこそが、お酒に強いと考えている人も多いでしょう。

あながち間違ってはいませんが、実はアルコール度数が強いお酒のなかで蒸留酒は特に肝臓の分解が速いのが特徴です。作り方からほとんどがアルコール成分になっていますので、肝臓にとってみれば分解しやすいお酒になります。ウイスキーや焼酎が有名ですが、ハイボールなど割って飲むことができるお酒ですので、種類に拘ることでお酒に強いと見せ掛けることが可能です。

遺伝として弱い人はもう決まっている

残念ながらお酒が強い人とそうではない人は遺伝によって決められていることが研究からわかっています。よってどんなにお酒を飲む機会を増やしても、強くなるには限界があります。肝臓の分解速度が異なることから、お酒の強い人との分水嶺になりますので、こればかりはどうしようもありません。

たとえばビール一杯で顔が真っ赤になってしまうタイプの人は、お酒が弱いと言えます。それに比べて何杯も飲んでも、顔に出ない人は明らかに強いです。これは肝臓の分解速度の違いになっており、遺伝的にもうすでに決められていることですので、いまからどうしようとしてもできることは限られてきます。よってお酒の飲み方として工夫をすることが、弱い人には必要です。お酒の種類に関心を持って、その場の凌げる策を身に着けてください。