太りやすいお酒の飲み方もある

飲みケーションは死語のように扱われており、会社内でも社員同士で飲む機会が少なくなっています。一方、女性陣は女子会名目で飲み会が増え、それと同時に体重を気にしてしまうようなことも多くあります。そうならないためのお酒の飲み方を知っておきましょう。

お酒を飲むと太りやすくなるメカニズム

お酒の造り方としていろいろとありますが、基本は糖に酵母を加えるだけでアルコールをつくることができます。日本酒やビールはデンプンを糖に分解させてから、発酵させることになりますが、どちらにしても太りやすい糖質がお酒のなかに含まれているからこそ、太りやすくなっています。

また空腹でお酒を飲んでしまうと、酔うペースが速くなることから、ほとんどの人が飲む前に食べる、そして飲みながらなにかをつまむことが多いです。そのほとんどが高カロリーになっています。糖質を含むお酒と高カロリーを同時に摂取することになりますので、それだけで太りやすいメカニズムがあることがわかるでしょう。またお酒を飲むことで脳内の満腹中枢が麻痺をして、食べたくなる衝動に駆られることも実験によってわかっています。お酒を飲めば太りやすくなるシステムが出来上がっていることがわかるでしょう。

太りにくいお酒の飲み方を知っておこう

まず食べ過ぎないことです。満腹中枢がアルコールによって麻痺することになりますので、どうしても食べやすくなってしまいます。飲んだ後のラーメンなどを極力避けるようにしてください。そこに炭水化物が加わることになりますので、太りやすくなってしまいます。

またお酒の種類についても関心を持ちましょう。アルコール度数が高いことから避けられているウイスキーや焼酎は、実は糖質が少ないことから、太りにくいお酒に分類されています。蒸留酒といって醸造したものを一度加熱してそれを冷やすことから主に成分はアルコールです。よって糖が少ないことから、太りにくくなります。アルコール度数は高いですが、割って飲むことができますので、工夫したお酒の飲み方をしてください。

お酒を飲めば食べ過ぎることになる

糖が含まれていることから、お酒自体が太りやすくなっていることを理解してください。同時におつまみも高カロリーのものを求めたくなってしまいます。それと同時に脳内も麻痺をすることから、食べ物を欲することになります。太りやすいシステムが作り上げられていますので、自分でコントロールをするしかありません。

お酒の種類を日本酒といった醸造酒ではなく、比較的糖質が少ない蒸留酒にする、おつまみはなるたけヘルシーでカロリーが低いものを選ぶようにしましょう。特にダイエットをしている人にとって、アルコールというのは天敵でもある自覚を持つべきです。それほど太りやすい製品になりますので、お酒の飲み方として調整するようにしましょう。