周囲が離れていかないお酒の飲み方

一度お酒の失敗をした人こそ、周囲が離れていかない飲み方について学ぶべきです。お酒の席はとても楽しい空間であり、人間関係を深める場所でもあります。

しかし立ち振る舞い方によっては、それをすべて打ち消す恐ろしい場所でもありますので、周囲が離れていかない飲み方を研究しましょう。

お酒によって人格が変わるかを知る

飲むことによってまったく人格が変わらない人もいれば、豹変する人もいます。その違いを自分で把握するようにしましょう。大きな失敗をした場合、周囲は気遣って伝えないこともあり、なかなか自分で把握ができない問題でもあります。もしお酒の席の後、微妙な空気が流れていた場合は、自分のふるまいについて周囲に聞いてみると良いでしょう。

お酒を飲むことによって人格が変わるようであれば、周囲が確実に離れていきます。職場ではそうではないにしても、リラクゼーションの場所であるお酒の席に呼ばれないというのは、なかなか辛い現状でもあります。そうならないためにも、自分がお酒を飲んで人格が変わるのかどうかを把握することをおすすめします。

お酒に弱い人は工夫した飲み方をしよう

何もお酒の席から離れていく要因は、飲んだ後の人格の変化だけではありません。お酒に弱いことによって介抱が必要になるケースになると、周囲も面倒になってしまい、呼ばれなくなってしまうこともあります。お酒に弱いけれど、飲み会が好きな人もいます。そのためにこそ対策を立てておくべきです。

飲み方に工夫をしてください。お酒に弱いのであれば、自分のペースを知ることです。

1杯だけなら正常でいられるのであれば、それをキープすればよいだけです。飲みやすいことからカクテルやチューハイを希望する人がいますが、量が増えることから酔いやすくなり気分も悪くなりやすいです。おまけに糖質も多いことから太りやすいデメリットを持っています。飲めるお酒の量をキープすることも、お酒の飲み方として必要な考え方です。

お酒の失敗は取り返しがつかないことも

職場での失敗も取り返しがつかないこともありますが、人に絡んで迷惑を掛けることもあります。それだけではなく警察を呼ばれてしまい、なかには傷害や器物破損、わいせつ事件にまで発展することがあります。そうなると社会生活をまともに送ることができなくなる可能性がありますので、お酒は怖い飲み物であることを自覚しておくべきです。

だからこそ周囲が離れていかないお酒の飲み方を自分で知らなければいけません。人格が変わるにしても、弱くて介抱が必要になるとしても、どんな問題を引き起こすのかは未知数です。昔の人が言うように「お酒に飲まれるな」というのはよく言った名言でもあります。そうならないためにも、自分のペースを守って楽しく飲むようにしましょう。